2006年06月17日

江原 啓之

【 江原 啓之 】

スピリチュアル・カウンセラー。世界ヒーリング連盟会員。
1964年東京生まれ。和光大学人文学部芸術科を経て
國學院大學別科神道専修II類修了。英国で学んだ学問としてのスピリチュアリズムも取り入れたカウンセリングを行う。

現在はラジオ、テレビ、雑誌、講演会を中心に実践スピリチュアリズムを提言。多くの人々に支持される。また、武蔵野音楽大学で声楽を学び、音楽の分野での才能も発揮している。

主な著書に『スピリチュアル生活12ヶ月』『幸運と自分をつなぐスピリチュアル セルフ・カウンセリング』『スピリチュアル セルフ・ヒーリング』『スピリチュアル ワーキング・ブック』『本当の幸せに出会う スピリチュアル処方箋』(以上、三笠書房、王様文庫)
『江原啓之のスピリチュアル子育て』『《愛蔵版》幸運を引き寄せるスピリチュアル・ブック』『《愛蔵版》スピリチュアル生活12ヶ月』(以上三笠書房刊)などがある。


http://www.ehara-hiroyuki.com/
http://www.ehara.tv/ (携帯サイト)


(以上「幸運を引き寄せるスピリチュアル・ブック」より転載)



日本国内で、今、一番知られているスピリチュアル・リーダーといったら、間違いなく江原さんでしょう。それくらい、江原さんの活動は人々に浸透していますし、「スピリチュアリズム」という言葉を前面に出していらっしゃいます。

先に飯田史彦先生の著作を読んでいる所為だと思うのですが、かなり共通するなぁと思いました。考え方というか、捕らえ方が日本的だな、と。今現在の日本人に無理なく実践できるように書いてある、という印象があります。

そういった部分が納得する反面、共感しないというところでもあるのですが・・・そういうことよりもまず、江原さんが世間一般に「スピリチュアル」を広めた、という部分を賞賛していきたいですね。




posted by スピリチュアルワーク研究所 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | スピリチュアル・リーダー(国内)

2006年06月16日

中森じゅあん

【 中森 じゅあん 】


「日本算命学会」代表、「樹の会」「花の会」主宰。エッセイスト。
バイオセンシス・インターナショナル名誉会員。
バイオセンシス・ボディサイコセラピスト。

長年、フリーランス・コピーライターとして活躍。算命学の第一人者。 呉家算命学第十三代宗家、文学博士・故高尾義政氏に師事。直門下第一期生として薫陶を得、「孔位」を授与される。

数々の女性誌や著書、サイトを通してのアドバイスやエッセイで、国内はもちろん海外にも熱心な多くのファンを持っている、執筆、講演、ワークショップ、個人セッションと、活動の範囲は広い。

著書に『中森じゅあんの「幸運エッセイ」』(三笠書房)『天使のメッセージ』『天使のメッセージ(2)〜(5)』(以上大和出版)『鬼谷算命学』(クロワッサン特別編集版、マガジンハウス)、監訳書に『エンジェル・マジック』(M・ネイロン、三笠書房)、共著に『ありがとう、おかげさま』(海竜社)など多数。『天使のメッセージ』は、イギリス、アメリカ、中国で翻訳出版され好評。算命学はパリの『FIGARO』でも特集され、世界的に活用されている。


http://www.juan.jp/


(以上「中森じゅあんの算命学入門」より転載)



私自身が仕事で算命学を扱っていることもあって、中森じゅあんさんの本は修行時代によく読みました。今でも参考にしている本は何冊かあります。「算命学入門」は必携でしたね〜。

スピリチュアルとか精神世界としての中森じゅあんさんはというと、やっぱり天使のイメージが強いですね。エンジェルカードはリーディングカードとしても使えますし、何しろ言ってることが分かりやすい。小難しい漢字だらけのハードカバーの本よりも、ムックみたいな簡単に書かれている本の方が、女の子は好きですよネ。

算命学は本当に奥が深いので、ちゃんと習おうと思うと大変な時間がかかるわけですが、中森じゅあんさんの本でばっちり予習可能です。さらに、スピリチュアルな面を磨いていけば、無敵な占い師(?)になるんじゃないかなぁ。

まぁ、算命学は統計学なので、占いとは違うんですけど・・・中森じゅあんさんには、もっともっと、算命学を広めてほしいですね。



posted by スピリチュアルワーク研究所 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル・リーダー(国内)

2006年06月08日

タカイチ アラタ

【タカイチ アラタ】


1959年、三重県世使い七誌生まれ。法政大学文学部英文科中退。
広告制作会社勤務時代に、約700本のTV、ラジオCMを製作。
コピーライティングとともに演出を担当。
広告制作会社退社後、テレビ局にて番組制作に従事。
その後、独立して映像製作会社を立ち上げ、映像演出家として、
児童向けドラマ、ドキュメンタリー、音楽プロモーションビデオなど、
さまざまな作品の演出・製作を行う。
CMディレクター時代より、イメージトレーニングの理論と実践に興味を持ち、試行錯誤の末、独自のイメトレ法を完成させる。


現在は、インターネット上で独自のイメトレ法を紹介するサイト【エイミゴパーク】を主宰。
「徹底的にオカルトを排除しながら、精神世界を科学的に語る」をコンセプトにしたこのサイトは、多くの支持を集めている。
同サイト上で行っている通信講座「実践イメトレ講座」は、
イメトレの基本から応用まで、豊富なエクササイズで実践でき、
効果もすぐに実感できるということで、人気を博している。


タカイチ アラタ氏の【エイミゴパーク】

(以上、「願望が面白いほど実現する 10日間イメージトレーニング」より転載)



タカイチ アラタさんの本に出会ったのは、もう2〜3年前になるでしょうか。
よく行く本屋の精神世界コーナーに、ポツンと置いてありました。
その頃は、やれフォトリーディングだ、右脳開発だなどと騒がれ始めた時期で、そんな自己啓発系のひとつかな、と思って手にとってみたんです。
だって、表紙もそれっぽかったし。


でもね、内容を読んで驚きました。
ちゃんと心の力の使い方のツボを押さえて、書いてありましたから。
あと、さすが演出家だなって思ったのは、読んでいて飽きないなっていうこと。


普通、こういうのってマニアックな部類になりますから、興味が無ければ読んでてつまらないはずなんですよね。
でも、彼の本は面白い。なんでだろう。タカイチマジック?(笑)


日本でも、こういう人がガンガン出てきたらいいと思います。
お手軽に読めるスピリチュアルの第一人者、ですね。



posted by スピリチュアルワーク研究所 at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(3) | スピリチュアル・リーダー(国内)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。